So-net無料ブログ作成
検索選択

花粉症 2014 いつから?ピークは何月か!? [気象情報]

2014年のスギ・ヒノキ花粉情報について。

下記に、マスコミ及び各ニュースサイトの発表した
花粉症情報をまとめておくので、花粉症対策に
お役立て頂きたい。

rounded_corners.jpg



2014年の花粉症 開始時期とピーク時期について


気象情報会社ウェザーニューズは先月29日に、
同社の観測の結果に基づき、東京都と関東の6県が
花粉シーズンに突入したと発表した。

既に26日の段階で東京都内の観測地点において、
花粉に敏感な人に症状が出始めるレベルの花粉が
測定されており、2014年は昨年と比較し、
10日程早い花粉シーズンの到来となっているとのことだ。

気になる全国のスギ花粉の飛散開始時期についてだが、
2008年~2013年の平均飛散開始時期と比較すると、
東~西日本の太平洋側、九州では平年より1週間前後早く
北日本や日本海側では平年並みとなるとされている。


全国のスギ花粉 飛散ピーク時期について


次にスギ花粉飛散のピーク時期についてだが、
先月31日に行われた環境省の発表によると、
前述の飛散開始時期と同様に、昨年と比較し、
約10日程早いピーク到来と予想されているようだ。

▽九州と四国の一部は2月下旬
▽中国、四国、近畿、東海、関東は3月上旬
▽北陸は3月中旬
▽東北は3月下旬〜4月
上旬と予想されている。
(引用元:毎日新聞社)

また、このスギ花粉のピークが終わる頃には、
ヒノキ花粉の飛散が始まり、西~東日本では
4月上旬~中旬にヒノキの花粉飛散量がピーク
達する見込みだ。


2014年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量について


続いて今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量
ついてだが、環境省の発表によると、

北海道と四国、九州の一部では、例年と比較し、
スギ・ヒノキ花粉の総飛散量はやや多くなるものの、
その他の地方は例年より少なくなると言われている。

特に東北南部から関東北部にかけて、北陸東部、
東海地方、中国地方では例年の半分以下にとどまる地域
があると予測されている。

スギ花粉・ヒノキ花粉は、前年に大量飛散した場合、
翌年、飛散量が減少する傾向にあると言われている。
(そのほか、前年の夏季の日照時間や降雨量も影響すると
言われている)

そのため、2013年春に花粉の大量飛散となった、
東北南部から関東北部・北陸東部・東海地方・中国地方では、
飛散量が減少すると予測されたようだ。

※花粉症に関する書籍

サーファーに花粉症はいない ~現代病の一因は「ビタミンD」欠乏だった!~




後日、別記事に花粉症の対策方法をまとめるので、
そちらも参考にして、花粉症の予防に役立てて頂きたい。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
Copyright © 話題のあのニュース All Rights Reserved.
クラウドの価値 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。