So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 スティーブジョブズ あらすじ 評判 みどころ [映画]

2011年に56歳の若さで逝去したスティーブジョブズの
伝記が映画化されます。

映画タイトルはズバリ“スティーブジョブズ”
作品のみどころとあらすじ前評判を解説します。


steve jobs movie1.jpg



スティーブジョブズについておさらい


スティーブジョブズは、i Phone、i pod、mac等の商品で
一世を風靡したアップルコンピューターの創始者として、
最早、知らない人はいないと言えるほど有名人ですね。

彼は次々とヒット商品を生み出したため、
天才・時代の寵児と称される一方で、
その性格は気難しくわがまま、非情で冷酷な人間とも
言われています。

ジョブズは1976年4月1日に、
友人らと自宅ガレージをオフィスにして
アップルコンピュータを設立、
革新的な商品を次々と放ってはヒットさせ、
たった4年で株式の上場に成功。
瞬く間に、時代の寵児となりました。

しかし、その反面で、彼の破天荒な性格が災いし
社内外に多くの敵を作ってしまい、
1985年には、自身が創設したアップルコンピュータ社
を追放されてしまった、というのは有名なお話です。

今作、“スティーブジョブズ”は、そんな彼の挫折と栄光、
波瀾万丈な人生、そして彼の素顔に追まった作品です。

予告動画はこちら(YouTubeに移動します)。

今作のキャッチコピーは、“最低な男が、最高の未来を創った。”
彼がどのように“最低”だったかは、上記の動画でも
何となくわかって頂けたかと思います^^;


あらすじと前評判


あらすじをざっくり説明しておくと、
スティーブジョブズがアップルコンピュータ社を設立し、
大きくしていく、ビルゲイツとやりあう、アップルを解雇される、
アップル再建のため再び社長に就任、iPODを開発、等々、
作品の流れは、基本的に史実と変りないようです。

ただし映画では、ジョブズがiPodを開発し発表する
ところで終わるため、その後の話が撮影されておりません^^;

アップル共同創始者のスティーブ・ウォズニアック氏は
今作に関して、
「映画でジョブズ、アップルとの関係が間違って描かれてる人
も大勢いて、かわいそうだなと思う」

「今晩『Jobs』を見た。全体的に演技はいい。飽きさせなくて
楽しめた。が、人に奨めるほどではない。
と微妙な回答だったようです。

また映画評論家のレビューを集めたウェブサイト
ロッテントマトでは、24点という低い評点を獲得
公開初日から早くも駄作認定されたようです。


映画 スティーブジョブズ みどころ


今作の一番のみどころは、スティーブジョブズ役を演じる
アシュトン・カッチャーの驚異の役作りと、鬼気迫る演技です。

ジョブズを信奉していたアシュトン氏は、
今作で外見をジョブズに近づけるため、
肉体改造トレーニングを行い、
その食生活までマネる徹底した役づくりを敢行。
それが原因で、一時病院に緊急搬送されたほどでした。

それだけでなく、彼は、ジョブズの人間の本質に迫る表現
をするため、ジョブズと交流のあった人とも実際に会い、
自身の中でジョブズ像を構築していったそうです。

これが生前のジョブズ氏とアシュトン氏の比較画像です。
steve jobs compare.jpg


本物のジョブズ氏は左側だそうですよ。
そっくりで見分けがつきませんね^^;

アシュトン氏の役作りとジョブズにかける
情熱の賜物ですね・・・。

気になる方、アップルファンの方、
一度見に行ってみてはいかがでしょう。

11月1日(金)より公開です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

陽だまりの彼女 あらすじ ネタバレ 結末 [映画]

10月12日いよいよ公開が迫った映画「陽だまりの彼女」

大阪の阪急梅田駅構内にも大きなポスターが張り出されて
おり、話題性も抜群ですね。

陽だまりの彼女 あらすじ ネタバレ 結末


原作は越谷オサムの小説「陽だまりの彼女」
“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”という
キャッチコピーが話題を呼び、
累計発行部数が60万部を超えた超人気作です。

ちなみに2008年発行の作品になります。
原作の文庫本はこちらです。

陽だまりの彼女 (新潮文庫)



主人公・奥田浩介を演じるのは嵐の松本潤さん(30)
ヒロイン・渡来真緒を演じるのは上野樹里さん(27)
監督は「ソラニン」「僕等がいた」を手がけた三木孝浩監督(39)


それでは、あらすじと一部ネタバレを解説していきます。

あらすじ


広告代理店の新人営業マン奥田浩介。
鉄道オタクで恋愛に奥手な彼は、彼女無しの冴えない生活を
送っていた。

ある日、浩介は新しいクライアント、
ランジェリー・メーカー「ララ・オロール」との打ち合わせで、
中学時代の恋人・渡来真緒と再会する。

中学校時代にいじめられっこだった真緒は、仕事もでき、
当時と見違えるほどの美人になっていた。

10年ぶりに再会した二人はすぐに恋に落ち、結婚をしたが、
彼女には誰にも話していないある“秘密”があった。

幸せな結婚生活を送る二人だったが、突如、
真緒の体が急激に弱っていく。
真緒はその事実を隠し、誰にも話そうとしなかった。

そして、その状況にただただ戸惑うだけの浩介。

その後、真央はある事件をきっかけに、
とうとう浩介の前から消えてしまい、
周囲の人々の記憶からも、
真緒の記憶が消えていきつつあった・・・・。

彼女の秘密を知った時、二人の一途さと絆の強さが起こす、
奇跡のハッピーエンドとは・・・・?

公式予告動画はコチラです。


結末 ネタバレ


作中に登場する、ある動物が物語の重要なキーワードになっています。
原作では、昔、浩介が拾った〇〇に秘密があるようです。

知りたい方は自己責任でどうぞ!!


※ネタバレ注意





真緒のある”秘密”ですが、
なんと真緒の正体は、人間ではなくネコだったのです。

真緒は自分の死期を悟り、浩介から離れ、一人最後を
迎えようとしたのです。

最後の最後、結末についてですが、
真緒は一度死を迎え、その後、猫の姿で再度復活(転生??)、
浩介の元へ向かいます。

浩介は、猫が首輪につけていた指輪を見て、
以前、自分が真緒にあげたものだと気付き、
目の前にいる猫が真緒の生まれ変わりだと悟る。

こうして、二人はまた一緒に暮らし始めました・・・。
というお話です。

ちなみに、日本には古来から、長生きした猫が人に
変化するようになる、飼い猫が主人に恩返ししたり、
自分を捨てた主人を恨む、なんて言い伝えも残っておりますね。

まさかこう来るか~とは思いましたが。

原作では、この他にも、真緒の正体がネコということを示す伏線が、
ちょいちょい出ているみたいです。


評判 まとめ


映画レビューサイトや試写会の等でも、前評判が非常に
良い作品で、

キャストも主人公・奥田浩介を演じる松本潤さん筆頭に、
人気俳優・女優が盛りだくさんです。

キャスト発表と同時に文庫本もさらに売れ行きが増した
との情報もあるので、期待度も高い作品だと思われます。

公開初日もかなり混み合うことが予想されますが、
ご興味のある方、是非、観に行ってみてはいかがでしょうか??

※追記
今作のヒロイン・真緒の上司役を演じた、玉山鉄二さんに
関する噂をまとめました。

コチラからどうぞ♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画凶悪 あらすじ&ネタバレ モデルは?? [映画]

先日21日に公開され、現在大ヒット上映中の映画『凶悪』
について調べました。

映画凶悪 あらすじ ネタバレ モデル


この映画『凶悪』の元ネタ・モデルは、2009年発売の『凶悪
-ある死刑囚の告発-』という犯罪ドキュメントです。

死刑判決を受けた元ヤクザの男が獄中で殺人事件の真相を告発、
証言を聞いた新潮45編集部が、その告発は本物だと確信、事件
の真相究明に乗り出し、首謀者逮捕に至る様子を描いた作品です。

2011年にはフジテレビ系バラエティ番組『奇跡体験!アンビリバボー』
でも紹介されておりました。

では、さっそくあらすじを解説、情報を共有したいと思います。


あらすじ&一部ネタバレ


須藤(ピエール瀧)が犯した放火殺人事件を追っていた雑誌記
者の藤井(山田孝之)の元に、須藤から、ある日一通の手紙が
送られて来た。

刑務所での面会で、須藤は藤井に自らが関わった新たな3件
の事件について、真実を告発。

その内容は、3つの事件には別の首謀者がおり、その男は今
も一般社会で生活しているという衝撃の内容であった。

藤井は、その男にそそのかされて、自分はかわいがっていた
舎弟を葬ってしまった。そんな男が娑婆でのうのうと生きてい
るのは許せない、と藤井に告げた。

須藤はその男に復讐を果たすべく、藤井に手紙を送り、事件
を告発したのだった。

藤井は告発を聞いた後、須藤と面会や手紙のやり取りを重ね、
さらには、事件の首謀者について独自に調査を開始したのだった。

藤井は、痴呆症気味の母と、その介護に疲れ果てている妻、自身の
家庭を一切顧みず、事件の究明にのめり込んでいく。

須藤の告発した首謀者は、“先生”と呼ばれる不動産ブローカーの男、
木村(リリー・フランキー)だった。

作中では木村は、暴力的で狂気に満ちた冷血漢として描かれている。

藤井は取材・調査を続け事件の真相へと徐々に近づき、ついには1つ
の事件について警察への告発に成功。

須藤とともに法廷に立つことになった。

法廷で藤井は木村の死刑判決を主張したが、結果的には無期懲役
の判決が下った。

その後、面会室で「死刑を望んでいるのは、被害者でも須藤でもない」
と木村が藤井に言い放ち、物語はクライマックスを迎える。


みどころ


冒頭では、ジャーナリストとして真相を解明したい一心、そして
社会正義のために、事件解明のために藤井は調査を続けます。

ところが物語が進むにつれ、木村の存在そのものを憎むようになり、
やがては木村に対し歪んだ復讐心を抱くようになっていきます。

藤井は、作中で、冒頭では「闇に葬られてはいけない事件だ」と
言っていたのに、「生きいてはいけない」などと、危なっかしい
ことを言い始めてますね。

人間の心の二面性と矛盾、正義感が暴走し、そして狂気へと飲み
込まれていく山田孝之の演技が今作のみどころの様ですね。

テーマがテーマだけに非常に重苦しい映画ですが、他サイトでの
非常に評価も高いです。

予告動画はコチラ(You Tubeに移動します)

お時間がある方、観に行ってはいかがでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
Copyright © 話題のあのニュース All Rights Reserved.
クラウドの価値 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。